康秀街道~こうしゅうかいどう~  駒井僧侶による執筆です。月々移り行くお寺のお話をお楽しみ下さい。

新年のごあいさつ

 まず初めに、謹んで新しい年を迎えることができましたことを心よりお慶び申し上げます。
 また、新しい元号である令和最初のお正月ということで、この令和という時代がよりよい時代になること、ならびに1年の無事を祈り、錫杖寺では僧侶ならびに関係者が一丸となってご本尊延命地蔵菩薩さまにご祈願をしております。 無事に新年を迎えられたことを慶び、今年1年が昨年よりもよい1年となるようにみなさまもお祈りください。
 今年の干支は子年となります。 ねずみというと、これは当て字になりますが「寝ず身」となり、一所懸命に働くという意味に通じます。 昨今の社会情勢からは「働き方改革」が提唱され、無理に働きすぎで身を亡ぼすことは当然あってはなりません。 しかし、健康で働くことができるということは幸せなことと私は思います。
 昨年はイノシシのように突き進んで働き、結果として大きく体調を崩してしまったことが何度もありましたので、今年は可能な限り無理はせず、僧侶として働くことに喜びが見いだせるように精進したいと思います。
 今年もよろしくお願いします。

合掌

(2020.元旦)
TOPヘ